ゆる趣味日記

自転車、釣り、キャンプなどなど趣味と日々の日記です

書籍紹介 ポプラ新書 生き残るビジネスと人材 死なないように稼ぐ。 堀江 貴文 ポプラ社

f:id:wara-kuma:20210516164150j:plain

f:id:wara-kuma:20210516164214j:plain

こんばんは、笑熊です。

本日、ご紹介させていただく書籍は、

 

・ポプラ新書 生き残るビジネスと人材 死なないように稼ぐ。 

              堀江 貴文  ポプラ社

 

こちらの書籍ですが、ホリエモンこと堀江 貴文 さんが、コロナショックにも負けない生き方、どんな逆境でも生き抜くためのサスティナブルな稼ぎ方を提唱しております。

 

堀江さんについては、民間企業でのロケット打ち上げに挑戦されている所までは知っておりましたが、飲食業に挑戦しており、和牛レストランの「WAGYUMAFIA」やエンタメおしゃれパン屋「小麦の奴隷」を展開されていることは本書を読んで初めて知りました。

そして、このコロナ禍の中で生き残る為に実際に「WAGYUMAFIA]で実践されたコロナ対策方も解説されており、できることはすべてやって何とか生き延びようと書かれております。

 

私は、堀江さんの著書はこちらの書籍の他にも何冊か読んでおりますが、共通して書かれているのが多いと感じるのが、やりたいことをすぐに行動に移す行動力の大切さや、時間を有効に使う重要性についてです。

それと情報の大切さについてもよく書かれていられると思います。

私もそれらの内容にについて共感する事が多く、やりたいことについてはなるべくチャレンジするようにしております。

そして、そこで得るものは多いと感じてます。

 

目次

 序章 稼ぐための仮説と検証

 

なぜ田舎のエンタメおしゃれパン屋をプロデュースするのか

過疎地でもオシャレパン屋が成り立つ理由

素人パン屋、快進撃の裏側

もっと大事なことに注力できる

 

      中略

 

「コンビニに勝てるかどうか?」が大事

 

第1章 変化できる者だけが生き残る

 

      中略

 

現実に合わせて早めに変化すればチャンスは来る

「WAGYUMAFIA」で行ったコロナ対策

 

      中略

 

第2章 「世界観」と「体験」で稼ぐ

 

「世界観」や「体験」を伝えられたら勝ち

多くの飲食店はひとりのシェフに依存しすぎ

スタッフの「スター化」を「仕組み化」する

 

      中略

 

最強のお店は、会いたいママがいる「スナック」

 

第3章 生き残るための起業、挑戦、リスタート

 

「将来」のビジョンなんかよりも「今」のほうが大切

「恥」をかいた分だけ「自由」になれる

「行動力」が価値になる時代

 

      中略

 

「もっとも効率的な勉強法」を考える

プログラミングは普通の人なら習得できる

 

第4章 「働き方改革」ではなく「生き方改革」

 

「テレワーク」で働き方改革が一気に加速する

ウェブ会議より非同期コミュ二ケーションの方が効率的

コミュ力が高い人が稼げる時代

 

      中略

 

YouTubeですぐに検索できる人は伸びる

「時間の節約」と「リセールバリューがあるもの」にお金を使う

「金融リテラシー」をすぐに学び直そう

 

第5章 批判に負けないで

 

      中略

 

「科学的に正しいこと」を多くの人に理解してほしい

本当に必要な英語力

 

      中略

 

「目標設定」はしない

 

おわりに 生きていくために、誰かとつながっていてほしい

 

             死なないように稼ぐ。 より引用

 

 

堀江さんが、様々なことに挑戦する姿には勇気をもらえます。

新しいことに挑戦するには勇気がいりますが、本当に自分がやりたいことには挑戦してみるのがいいと思います。

そこで実際に行動してみて分かることはたくさんあると思います。

例えば、頭で考えているだけの時より実際に行動に移したら、より面白かったり、そうでもなかったり。

そして楽だったり大変だったり。

続けられそうだったり、そうでなかったり。

マイペースでいいから、挑戦の中から自分を探してみる。

きっと楽しいはずです。

最後までお読みくださりましてありがとうございます。

それでは、また。

 

死なないように稼ぐ。 生き残るビジネスと人材 (ポプラ新書 205) [ 堀江 貴文 ]

価格:946円
(2021/5/21 21:47時点)
感想(0件)