ゆる趣味日記

自転車、釣り、キャンプなどなど趣味と日々の日記です

ソロキャンプ 焚き火を楽しみ、ほぼ食べて飲むだけのゆるキャンから 簡単料理とおつまみ紹介

f:id:wara-kuma:20210716154712j:plain

おはようございます、笑熊です。

約1ヶ月ぶりの記事となりますが、よろしくお願い致します。

 

今回は先日ソロキャンプに、こちらも久々に行きましたので、私がソロキャンプに行くと、よく食べる簡単料理とおつまみの紹介をさせていただきます。

ソロキャンプに行くと基本何もせず焚き火を楽しみながら、食べて飲んでなのですが、私の場合、最近、キャンプ料理は手の込んだものはほぼ作らず、簡単ですぐに食べれる料理(焼くだけ、温めるだけ、火にかけてほったらかしにしておくだけ)が中心になります。

もはやレトルト食品や缶詰を温めるだけのことも多くて、はたしてこれを料理と呼べるのかは疑問ですが、一応料理と呼ばせていただきます 笑

 

簡単料理が多い理由としては、最近はソロキャンプだということと、キャンプに行っても1泊2日が多く、キャンプ場での滞在時間が長くはないということが大きいのかなと思います。

それじゃあ、「仮にキャンプ場での滞在時間が2泊3日になって料理時間がじっくり取れた場合は凝った料理を作るの?」と、もしも誰かに聞かれたら、「もちろん」とは即答しないと思います 笑

 

 それでは、キャンプ飯をご紹介させていただきます。

・缶詰

ほていさんの焼き鳥缶詰、タレ味、塩味。

ソロキャンプの時は、ほぼ毎回食べてます。

こちらですが、温めるだけでとてもおいしくいただけます。

タレ味

f:id:wara-kuma:20210716161409j:plain

f:id:wara-kuma:20210716161101j:plain

f:id:wara-kuma:20210716161222j:plain

塩味

f:id:wara-kuma:20210716161558j:plain

f:id:wara-kuma:20210716161641j:plain

f:id:wara-kuma:20210716161720j:plain

いや~ホントおいしくて、タレと塩1缶ずつ、いつもだいたい持っていきます。
お酒のおつまみとしても、ごはんの上に熱々の焼き鳥をのせて焼き鳥丼として食べてもおいしいです。

 

ホテイ やきとり たれ味 75g×6缶セット缶詰め ほていのやきとり やきとり 焼き鳥 かんづめ ホテイフーズ 送料無料 鶏肉 宇宙食 静岡

価格:1,180円
(2021/7/16 16:27時点)
感想(0件)

即席ラーメン

お湯を沸騰させて麵を茹でてスープを加えるだけで、おいしい1品の出来上がり。

今回初めて食べましたが、五木さんの「えび味噌ラーメン」とてもおいしかったです。

これは、スープに、ごはんをインして食べても確実においしくなるヤツ!!

炭水化物+炭水化物のおいしくてハイカロリー方程式の成り立つ味 笑

えび味噌サイコー!! 

f:id:wara-kuma:20210716163715j:plain

f:id:wara-kuma:20210716163818j:plain

f:id:wara-kuma:20210716163755j:plain

五木食品 えび味噌ラーメン(120g*20袋入)

価格:2,799円
(2021/7/16 16:44時点)
感想(1件)

・とうもろこし

皮つきのまま火にかけるだけ。

ただし、外側の皮がコゲおちて、一番内側の皮になったらコガさないよう注意が必要。

多少コゲてても大丈夫という方はそんなにナーバスにならなくても大丈夫だとは思いますが、焼き加減はそれぞれ好みで。

完成の写真とっていませんが、今回少しコゲましたが、おいしく出来ました。

f:id:wara-kuma:20210716165249j:plain

 

鉄板焼

材料カットは必要ですが、それ以外は焼くだけで、とてもおいしくいただけます。

さつま揚げ(タコ入り)

野菜炒め(エリンギ、えのき、玉ねぎ)

ステーキとライス

また焼いてる時のジューッ、ジューッという音が食欲そそります!!

f:id:wara-kuma:20210716165852j:plain

f:id:wara-kuma:20210716165749j:plain

f:id:wara-kuma:20210716165715j:plain


今回ご紹介させていただく料理は以上となります。

どれもこれも簡単なものばかりなので、すぐに調理できます。

凝った料理をキャンプで作るのもとても楽しいと思いますが、料理を簡単に済まして、限られた時間の中で、より自然を満喫したり、焚き火をボーッと眺める時間を長くとるのも楽しみ方の一つだと思います。

最後までお読みくださりまして、ありがとうございます。

それでは、また。